WELLSPRING CIRCULAR MARKET

(メインポスター貼り付け)

WELLSPRING新事業 家具買取サービス

考えることから始めよう。
~あなたの今までを誰かのこれからに~

WELLSPRINGは、当店のブランド「THINK WELL」をコンセプトに2022年10月より新規事業、家具買取サービスをスタートさせました。

 

 


原材料高騰による価格の値上がりについて

コロナウイルスやヨーロッパの世界情勢など、あらゆる事象が重なって今世界的な経済環境の変化が起こりつつあります。日用品やガソリンの値上げなどで既に体感されている方は多いと思いますが、例外なくインテリア業界にもその影響は迫っています。
木材をはじめとする原材料の高騰、それに伴う物価の上昇、そして商品の値上げ。
この一連のデフレーションにはWELLSPRINGも無関係ではいられません。
今までのように物と価格のバランスを維持することが困難になっています。

 

 

サーキュラーエコノミーって何?

 サーキュラーエコノミーという言葉をご存知でしょうか?
3R(Reduce、Reuse、Recycle)は言葉として広く浸透していますが、これは「経済活動の中で発生する廃棄物をどうするか?」という問いに対し、解決策として示されたもの。

・無駄を減らして(Reduce)
・使えるものは繰り返し使いましょう(Reuse)
・そのままで使えないものは原材料やエネルギー資源にしましょう(Recycle)

という意味合いの言葉です。
例えば、レジ袋や過剰包装の辞退は消費者主体のReduceに当たります。

 

対してサーキュラーエコノミーは、economy(経済)という言葉が入っていることからもわかるように経済活動そのものを表します。
日本語ではサーキュラーエコノミーは循環型経済と訳され、

・少ない資源から廃棄少なく作った製品を(Eliminate waste and pollution)
・価値を保ったまま長く流通させ(Circulate products and materials)
・再生可能な範囲のみで資源の収支をあわせることで、自然資源を保存、増加させる(Regenerate nature)

ことを原則としています。
例えば、家具メーカーさんが新商品としてテーブルを作るとします。原料は木ではなくて成長の早い竹、さらに端材を集めた集成材にします。数十年使うことを想定し、技術をもった職人がしっかりと作ります。

こうした商品を設計の初期段階からデザインすることがサーキュラーエコノミー(循環型経済)の考え方です。

また、固定費を払い車を複数人でシェアするカーシェアリングもサーキュラーエコノミーのあり方をよく表しています。

 

 

物価上昇の中でもライフスタイルの変化を楽しむには

WELLSPRINGにはギフトカードがあるのをご存じですか?
家具買取サービス(仮)では当店のギフトカードにてお支払いをさせていただきます。


アパートで一人暮らし、夫婦で二人暮らし、子供が生まれたとき、親の介護が始まるとき。ライフスタイルの変化に応じてお供する家具も必ず変わります。きっとその時が家具買い替えのタイミング。
ただ処分する、ゴミになるだけなら、壊れてもいないのに買い替えることへ抵抗感がある方は多いでしょう。ですが、まだ使える家具がそれを必要としている場所に行くなら、手放すことへの抵抗感はグッと減るのではないでしょうか。

今まで役立ってくれた家具と交換したギフトカードを、新しい家具の購入に充てるのも良いですね。

もし大切な方にこんなやり方もあるよ!と教えたくなったなら、ギフトカードはプレゼントにするのもおすすめです。

 

 

買い取ってもらった家具はどうなるの?

お客様から買い取った家具は、必要ならリペアを施して再び店頭に並びます。リペアとは言っても程度は様々。少し天板を削ったり、塗り直せば新品同然になるものもあれば、張り地を張替えるような大掛かりなものもあります。

また、元の形をできるだけ取り戻すようなリペアもあれば、大胆に形そのものを変えるようなリペアもあるかもしれません。

いずれの場合でも、「モノの価値を保つ」という意味では大きな違いはありません。

 

 

 

未来を考える

WELLSPRING CIRCULAR MARKETは、THINK WELLの考えに基づいています。
THINK WELLは、WELLSPRINGが関わるサスティナブルな活動の総称。家具や雑貨を仕入れ、それをお客様に販売する立場から、地球環境を良くしていくとともに、活動に関わる全ての人を豊かにしたいという思いがあります。

古くなった商品を買い取り、リペアし(市場価値を高め)、販売譲渡する活動は、リサイクルショップに似ていますが、安く買って安く売るリサイクルショップとは異なり、価値を維持、復活、もしくは全く別の形での価値を生み出し、適正な価格で販売します。


家具というカテゴリーは、アンティーク品のように、古くても価値を保ったまま、もしくは当初の製作時以上の価値を持って市場に流通しているものが多いです。本物の素材と技術で作られた家具には価値があり、ものによっては経年変化が味わいになります。


いかに古家具の価値を高めていくか、これがWELLSPRINGがサーキュラーエコノミーに取り組む際の大きなポイントです。

 

私達小売店にも、製造メーカーにもお客様にも、そして地球環境にとっても利益が生まれるよい循環。家具の買い取りサービス(仮)が、それを作っていくきっかけになればと考えています。

 

 

 

 

買取サービス(仮)ご利用時の流れ


買い取りサービス(仮)の対象は、お客様がWELLSPRINGでお買い上げいただいた家具のみになります。
買取希望の家具がありましたら、以下の項目をご確認のうえ、まずはWELLSPRINGまでご連絡ください。(ページ下部、お問い合わせへ移動のリンク)

 

STEP1 確認
買取希望の家具について、買い取りの対象になっているか、また家具の状態が、自己評価のA〜D、どれに該当するかをご確認ください。

買い取り可 買い取り不可

・ソファ
・テーブル
・チェア
・テレビボード
・カップボード
・ベッドフレーム
・デスク
・サイドボード
・キャビネット
・ハンガーラック
・オフィスチェア
・シェルフ
・室外用家具

・他社(他店)の商品
・マットレス
・ラグ
・照明器具
・商品の使用上機能に問題があるもの
・ カビやシミ、錆などの著しい汚れやニオイ、破れのある物。またはそれらが除去、補修できない状態のもの(ソファなどの場合はこちらにご注意ください)
・正しく組み立てられておらず改造されているもの

 

自己評価

A.新品同様
わずかな傷や汚れ、ヘタリしかないもの

B.目立った傷、汚れがない
わずかな使用感のみがあるもの

C.いくつかの傷、汚れがある状態
安全で、商品機能に問題がなく、再販・再使用が十分可能なもの

D.再使用の安全性が保てない状態
多数の傷や汚れ、カビ、ゆがみ、機能への問題などがあり、新たなユーザーが使用するにあたり、安全性が保てない状態のもの
(このような状態と判断される場合は買取り不可とさせていただいております。)


STEP2 申し込み
SNSや各種窓口にて家具買い取りサービス(仮)の申込みをしてください。以下の項目を明記していただいたうえ、必ず対象家具の写真を添付してください。

・家具の種類(商品名、メーカーがわかるとよりスムーズです。)
・商品名(わかる場合のみ)
・大きさ(幅、奥行き、高さ)
・購入年月
・状態(自己評価ランク上記参照>)
・特記事項(目立つ傷、においやカビはあるか)
・お客様の氏名、希望の連絡先

・家具の写真(全体を複数の角度から3~4枚程度、特徴のあるパーツを中心に数枚、目立つ傷や汚れなど)※商品の裏面にメーカーシールが貼ってある場合は、そちらの写真も添付してください。

 

STEP3 仮査定
スタッフが仮の査定額をお知らせします。お客様がご自身で家具をお持ち込みいただくか、スタッフが回収に伺います(別途料金)。
スタッフによる回収をご希望のお客様は日程の調整を致します。ご自身でお持ち込みいただく際は特にご予約は不要ですが、週末は店内が混み合いますのでお待たせする可能性がございます。あらかじめご了承ください。

 

STEP4 買取成立
スタッフが実物を確認したうえで、最終査定額をお知らせします。お支払いはWELLSPRING全店で使用できるギフトカードになります。ギフトカードは店舗でのお引取り、または家具回収時のお渡しとなります。

 

-----------------------------------

【査定例】

例1
家具の種類:ソファ
商品名:グレントソファ
大きさ:W1830×D870×H880mm
購入年月:2010年10月
状態評価:B
備考:目立つ傷はないが、肘置きに小さな傷がある。窓側の張り地が日光で退色している。
写真添付:計6枚

→仮査定額¥●●


例2
家具の種類:ダイニングテーブル
商品名:不明
大きさ:W×D×Hmm
購入日:2006年4月
状態評価:C
備考:天板に細かい傷、輪ジミなど。脚に錆び、塗装剥がれ。

→仮査定額¥●●

---------------------------------

 

 


  • 並び順