昭和スタイル(カルーセル用)


能登半島最北端にある珠洲市。
少子高齢化が激しいこの場所には魅力的な伝統と昭和の時代が色濃く残っています。
昭和スタイルは珠洲市を拠点にサーキュラーエコノミーを推進していくブランドです。


人口減少により各地で問題となりつつある空家。
昭和スタイルが拠点としている能登半島最北端、石川県珠洲市においても
地震などの災害時に空家が倒壊し多大な被害がありました。
放置されている空家が活かされない理由の1つに残置物問題があります。
買うにも貸すにもまずこの残置物を処分しないといけないことが
活用の妨げとなる要因の1つです。
空家に当時のまま残されている残置物を有効に活用し適正に活かしていく。
そのような活動の一環としてこれらのシリーズ商品は
空家や解体現場に放置されているまだまだ使えるユニークな物達を
独自目線で収集とクリーニングをして再販しています。




ジュースや軽食なども楽しめるパーラーで使用されそうな昭和レトロな食器たち

>>パーラーシリーズの商品はこちらから

 


スナックや居酒屋で使用されそうなお酒のシーンに合う昭和レトロな食器たち

>>スナックシリーズの商品はこちらから



昔ながらの料亭で使用されそうな陶器を中心とした昭和レトロな食器たち

>>料亭シリーズの商品はこちらから


※全てのシリーズは入念にクリーニングをして出荷していますが、
若干傷などが残っている商品もあります。
新品ではありませんので、風合いとしてご了承ください。


>>「昭和スタイル」すべての商品はこちらから


  • 並び順